責任施工

大空リフォームの一貫責任体制
私たちは現場を調査したものが、プランニングして積算をすること。積算したものが工程を組み発注をして工事の段取りを取ること、そして工事を実施することが責任の所在を明確にする体制と考えます。
これらを完璧に遂行するには、やはりリフォームや建築に対する知識や経験がきちんと備わった担当でなければ、人任せになってしまいます。 人任せでは、1貫した責任体制とはいえません。私達は1貫した責任体制とは、高品質工事を可能にする知識と経験と、何より実際に工事をする職人達とのチー ムワークに裏打ちされて成し得るものと考えます。
お客様のご要望にかなったりフォームを完成するには現場・お客様・そして工事をする職人さん達ともっとも近い存在であること、
全ての工事の流れを把握していること。だから最初の出会いから最後のお引渡しまでお客様と1対1で真剣に向き合う一貫責任体制をとります。
3大無料サービス
大空リフォームはお客様の楽しいリフォームを実現していただくために、当たり前のことかもしれませんが、この3つのサービスを行っております。
それは 未だ漠然としたリフォームのご要望を具体的に話し合いになられたり、いろいろな制約の中で実現可能かどうかを判断するには、これら3つの青写真が必要と考えるからです。
1. 現地調査無料サービス
2. お見積無料サービス
3. プランニング無料サービス
リフォームお見積書
お客様が先ず知りたいのは、夢のリフォームがご予算内で収まるかどうか。
業者の見積書を見ても、難解な用語が数字とともに羅列してあるか、反対にあたかもどんぶり勘定のように大雑把な1式工事が並び、最後の項目に諸経費と称してひときわ大きな金額が記載された見積書。
これではまったく何の工事をするのかさえ分かりませんし、後でトラブルの典型パターン。
お客様がご予算のみならず、業者の姿勢や安心かどうかをご判断されるのが見積書です。
大空リフォームは見積書を通じた、お客様との出会いを大事にします。
大空リフォームの見積書
  • お客様からの特段のご要望がない場合は、通常使用されています製品・建材・工法によりお見積いたします。
    よりよいお見積、工事のためにお客様からのご要望予算、製品などがございましたらお教えください。出来る限りの対応をさせていただきます。
  • 出来る限り分かりやすい見積書の作成を心がけ、分かりにくい工事の場合はプランニングやカタログにてご確認をいただけます。
  • 壁や柱の移動がある場合やキッチン計画には、プラン図キッチン詳細図をご提示いたします。
  • お見積時に正確なお見積、より良い施工のために再度現場詳細調査を行う場合がございます。どうぞご協力をお願い申し上げます。
  • 仕様や工法によりましていくつかの最適案が考えられ場合には、数種のプラン、見積にてご提示いたします。
  • 追加や変更がやむを得ず、工事途中で発生した場合でも、差し引きが分かりやすいようにできるだけ最小単位でのお見積だしと致します。
リフォームプランニング
どんなに正確なお見積でも、文章と数字だけで総てを判ることは不可能です。それを補うのがプランニングです。
プランニングによってお客様もより具体的にリフォームをイメージすることが出来るようになります。
インテリアコーディネーターなどがCADで描く場合もありますが、やはり現地調査をした担当者が自分で書いて納まりを研究してこそ、現場の内容と工事の方 法が把握できるものですし、結果的に良い工事になります。
責任契約・責任施工
お客様から大事な家のリフォームを頼まれた以上、私達がお客様と直接に契約を交わすことは、基本的なことです。そしてその契約内容に沿って工事を行います。
窓口を一本化することによってお客様とのコミュニケも万全、職人さんとの指示伝達もスムーズに行われます。
私達は他社さんがやられるような丸投げ工事は行いません。
リフォームの品質に問題が出るからです。一貫体制に基づいて工事も1つ1つこだわりながら職人と直接打ち合わせて進めてまいります。
工事保険
工事中の万一に備えて総ての工事に、工事保険を付保していますので安心です。
工事対象物の保証
火災、台風、作業ミスなど工事期間中に工事現場で偶発的な事故により生じた損害を補償します。
賠償の保証
工事にかかわる第3者への保証。工事中の賠償事故。工事終了以後の賠償事故が対象になります。
建設現場から資材が落下して通行人に怪我をさせてしまった場合とか、足場が壊れて自転車を破損してしまったとか、バルブの締め付けが悪くて水漏れが発生してしまったとかが該当します。
長期保証
大空リフォームが行った工事には、最長10年の保証を行います。
制度としての保証は当然として、基本はクレームの無い、後で不都合の無い工事をすることがもっとも大事と考えます。現状お客様から後日お叱りを頂くケースは1%以下に過ぎませんが、0%を当然といえる体制を目指します。
その1%のお客様に対しましても、私達はお客様からの連絡に対して迅速に対応することを優先しています
困ったときにすぐにお伺いできることが、本当のサービスと考えてるからです。